クリニークのクラリファイングローション 2という化粧水を使い続けていたけれど

クリニーク化粧水

20歳代半ばの若い頃から、クラリファイングローション 2というメンズ化粧水をずっと使い続けています。クリニークという化粧品メーカーがちょうどメジャーになったころで、雑誌でしばしば取り上げられていたので、気になっていました。ボトルの感じや、販売する化粧品メーカーの店員さんの感じが、なんとなく化学的な印象を与えてくれ、科学的に証明されたよいものではないか、という思いになったことも、この化粧水に魅かれた原因の一つです。

コットンでの使用方法

この化粧水を使って、コットンで顔面をふき取ると、こんなにも私の顔は汚れていたのか、と感じさせてくれます。特に、小鼻周りとおでこは、すっとした感じがとても気持ちよく、さっぱりさせてくれていました。ところが、最近、この化粧水を使っているとピリピリした感じが肌に残るようになってしまいました。この化粧水を購入するのは、もっぱら海外にいったときで、対面販売ではほとんど利用しておらず、肌診断を受けていないからかもしれません。やっぱり、ある意味、面倒であっても、対面でのカウンセリングはきちんと受けるべきなのかもしれません。